>

注文した食べ物が届く時間

夕方から夜を指定しよう

時間指定ができるなら、夕方や夜を選択しましょう。
その時間なら、帰宅していると思います。
荷物が届いて、しっかりと受け取れる時間を選択してください。
宅配ボックスがある人は、そこに入れてもらえば良いので大丈夫だと思っているでしょう。
しかし生鮮食品は、長時間宅配ボックスに入れていると悪くなります。

夏場は特に、食べ物が悪くなるスピードが早いので気をつけてください。
仕事をしている人は、帰宅している時間を選択しましょう。
時間だけでなく、曜日を指定することもできます。
平日は、何時に帰宅できるかわからない人がいると思います。
その際は、休日に荷物が届くよう注文しましょう。
休日なら暇なので、いつでも荷物を受け取れるはずです。

冷蔵タイプの宅配ボックス

たくさん生鮮食品を通販で買う場合は、冷蔵タイプの宅配ボックスがあると便利です。
それなら自宅に自分がいない時に宅配業者が来ても、宅配ボックスに荷物を入れることができます。
通常の宅配ボックスなら生鮮食品が腐ってしまいますが、冷蔵タイプなら大丈夫です。
新鮮さを維持できるので、自分が生鮮食品を注文する頻度を考えてください。

生鮮食品を頻繁に購入するなら、冷蔵タイプの宅配ボックスを買っても損はしないでしょう。
朝に注文すれば、帰宅するころには生鮮食品がしっかり届いています。
仕事で疲れているのに、わざわざスーパーに寄って夕食の材料を買うのは面倒に感じますよね。
通販を利用すれば、買い物に行く手間を省くことができます。


この記事をシェアする